家事代行で楽に汚部屋を掃除!断られない基準と対処

掃除代行判断基準

たまにテレビにも取り上げられる『汚部屋』

どうにかしたい!!
けど、散らかりすぎてて何から手を付ければいいのか分からない。

そういう時こそ家事代行サービスの一つ

掃除代行サービス

を利用しましょう。

家事代行サービスの内容は幅広いです。
掃除関係であれば

  • 掃除
  • 片付け
  • 整理収納
  • ハウスクリーニング

など依頼できることはたくさんあります。
特に汚部屋になってしまうのであれば、
整理収納の代行を依頼するとリバウンドの懸念がぐんと下がりますね。

手を付けられなくなってしまった汚部屋であれば、
プロに依頼してしまいたい。

ですが、掃除代行サービスを利用するにあたって、
実は注意点がいくつかあります。

ここを押さえておかないと、せっかく掃除代行サービスを利用しようとしても、
断られてしまうケースが出てきてしまいます。

今回は掃除代行サービスを利用するにあたっての、
注意点について紹介していきます。

【スポット家事代行が初回500円OFF】
この記事は以下の人におすすめ!
  • 汚部屋を何とかしたい
  • プロに整理収納をしてもらいたい
  • 掃除代行サービスを断られないか不安

面倒な判断はすっ飛ばして業者に確認したいという方は、
こちらの掃除代行サービスに問い合わせてみてください。

相談無料であなたの汚部屋を掃除してくれるかどうか判断してくれます!

無料相談はこちら


【ピナイ家政婦サービス】

『汚部屋』でも家事代行サービスを頼んで大丈夫?

大丈夫?

「いやー、私の汚部屋は次元が違うから・・・」

結論大丈夫です。
家事代行サービスのスタッフは掃除のプロです。

歯医者にいくとき虫歯が多いから診てもらえない何てこと無いですよね。
汚部屋もそれと同じです。

いくら汚れていてもスタッフが愚痴ったり・・・
何てことはありませんのでご安心を。

ただし、掃除代行サービスを利用するための前提条件がありますので、
これから詳しく解説していきます。

汚部屋であり続けることは百害あって一利なしです。
部屋が汚いことで以下のようなデメリットが発生します。

  • 害虫の発生
  • 集中力低下
  • アレルギー反応
  • 疲れが取れない
  • 連鎖的に散らかる
  • etc…

特に手を付けられないような汚部屋であればなおさらです。
掃除のプロに依頼して、さくっと片付けてもらいましょう。

汚部屋は断られる可能性がある

「え?大丈夫って言ってたのに・・・」

はい、そうなんです。
家事代行業者が引いたり、愚痴ったりなんてことはないのですが、
残念なことに断られてしまう可能性はあります。

ただし、家事代行に断られる理由は、
汚部屋だからという単純なものではありません!

そもそも家事代行サービスの最も重要なポイントとして

日常的な家事』』の代行

であることを認識しておかなければなりません。

つまり、

日常の範囲を上回ってしまうと、
家事代行では対処してもらえないということです。

あくまでも断られる可能性という話です。
家事代行業者によってはOKされることも十分考えられます。

とはいえ、できれば事前に心構えをしたいですよね。

具体的に断られる可能性のある汚部屋について、
まとめると以下のような理由があります。

断られる可能性のある汚部屋
  1. 市販用洗剤で落ちない汚れ多数
  2. ゴミ・不用品処分が必要
  3. ゴミや物で床が見えない
  4. etc…

では、それぞれ理由ごとに確認していきましょう。

家事代行に断られる汚部屋の状態1:市販用洗剤で落ちない汚れ

市販用洗剤で落ちないような汚れが多数ある。

俗にいう業務用〇〇のような普通、
個人で持っていない専用の用具が必要となる場合です。

個人で持っていない = 日常の家事とは言えない

このような掃除が必要となる汚部屋では、
家事代行から断られてしまう可能性があります。

家事代行に断られる汚部屋の状態2:ゴミ・不用品処分が必要

ここで言う『処分』というのは、
単にゴミ捨てをするという話ではありません。

例えば古い家電や家具を処分する場合、
そこらへんのゴミ捨て場に気軽に捨てることはできませんよね。

行政などに処分の依頼をして、
然るべき手順を踏んで初めて処分することができます。

個人で申請しはするのですが、
こういう処分もやはり日常的な家事とは言えません。

家事代行に断られる汚部屋の状態3:ゴミや物で床が見えない

比喩ではなく本当にゴミで床が見えない場合です。

「汚部屋なだから当たり前では?」

ここは少し難しい部分でもあるのですが、
家事代行のゴミ捨ては日常の家事の範囲内です。

床が見えない程、大量のゴミがあるとなると、
一般的に捨てる量をはるかに超えたゴミ捨てが必要です。

やはりこの場合も

一般的な量を超えた = 日常の家事ではない

という考え方です。

あまりにも大量にゴミがある場合も、
家事代行に断られる可能性があります。

汚部屋でも無料相談はしておく

先ほどご説明したような汚部屋であったとしても、
すぐに諦めるべきではありません。

なぜなら結局のところ

断られるかどうかは業者次第

だからです!!

ゴリゴリの汚部屋だとしても、
断られない可能性もあるということです。

なので、まずは掃除代行サービス業者に聞いてみましょう。

大抵の業者はあなたの汚部屋が掃除代行可能かどうか、
無料で相談に乗ってくれます。

相当な汚部屋であっても、
一度無料相談しておくのがおすすめです。

無料相談はこちら


【ピナイ家政婦サービス】

汚部屋が家事代行に断られた時の対処方法

対処法
対処法

「やっぱり断られました・・・。」

せっかく無料相談をしたのに断られてしまった。

この場合は2つの可能性が考えられます。

  • 無料相談した業者がたまたま対応してくれない場合
  • 『日常の家事』の範囲外だった場合

なので、

偶然断られた場合だと複数の業者に無料相談をしておくというのが、
もっとも簡単な方法になります。

しかし、日常の家事の範囲外だった場合は、
家事代行の中でも専門性のある業者にお願いする必要があります。

対処方法1:ハウスクリーニング

家事代行に断られる汚部屋の状態1(市販用洗剤で落ちない汚れ)が該当します。

ハウスクリーニングというのは、単なる掃除ではなく、
専門的な知識や機材で清掃をしてくれる業者です。

ハウスクリーニングの業者であれば、
エアコン、レンジフードや水回りに対応してくれます。

業者によっては除菌・消臭までしてくれるので、
まさに清掃専門の業者という訳です。

対処方法2:ゴミ屋敷専門の代行業者に依頼

家事代行に断られる汚部屋の状態2(ゴミ・不用品処分が必)と、
家事代行に断られる汚部屋の状態3(ゴミや物で床が見えない)が該当します。

汚部屋の成れの果てが『ゴミ屋敷』です。

ゴミ屋敷といえばたまにニュースにとりあげられていますよね。
もちろんゴミ屋敷の掃除は日常の範囲外になります。

しかし、このゴミ屋敷を専門に扱っている業者が存在します。

散らかっている部屋の究極系に対応してくれますので、
ゴミ屋敷専門の業者に依頼すれば間違いありません。

汚部屋掃除のメリット・デメリット

汚部屋を家事代行に依頼するメリット

汚部屋を楽に掃除できる

汚部屋の掃除に限らず、
代行業者に何かを依頼する最大のメリットは『楽さ』です。

通常汚部屋といわれるまでに至った部屋では、
自力で掃除するのは非常に困難です。

そういう面倒な状態でも、
代行業者に依頼すれば何の苦労もなく部屋が掃除されます。

プロの掃除で圧倒的に片付く

代行業者はその道のプロです。

家事代行、ハウスクリーニング代行、ゴミ屋敷専門の代行。
いずれの代行業者も一般家庭での掃除とは一味違う、
掃除・清掃をしてくれます。

なので、代行業者に依頼すれば

自力で片付けるよりも、
整った状態で掃除を完了させてくれます。

ゴミの処分をしてくれる

家事代行であれば日常程度のゴミの処分。

ハウスクリーニングやゴミ屋敷専門業者なら、
個人で処分するのが面倒な家電や家具まで処分してくれます。

特に家電や家具を自力で処分するのは面倒です。

この処分も含めて代行業者に任せてしまいましょう!

不用品を買い取ってくれるかも?

モノにも寄るのですが、
不用品は状態が良ければ買い取りをしてくれる可能性もあります。

不用品だからといって自分で処分すると、
捨てるだけでもお金を取られます。

ですが代行業者に依頼すれば、

古すぎない家電や状態の良い家具を買い取ってくれるので、
自分で処分するよりも安いどころか

少しですがお金が返ってくる可能性もあります。

汚部屋から解放される

汚部屋に住むことはもちろん体に悪いですが、

汚部屋があると頭の片隅でも懸念があると、
それだけで精神衛生上よくありません。

汚部屋が片付けば、
心身ともに健康になることができます。

代行に依頼して速やかに汚部屋を片付け、
解放されることこそ最大のメリットかもしれません。

汚部屋を家事代行に依頼するデメリット

家事代行にはお金がかかる

代行業者に依頼するとお金がかかります。
とりわけ汚部屋の掃除は高額になりがちです。

これまで汚部についてお話してきた通り、
汚部屋の掃除にはいろんな要素が絡みます。

  • 市販の用具では落とせない汚れ
  • ゴミ・不用品の処分
  • 大量にゴミや物がある

これら特殊な要素に対応してもらわなければなりません。

多くの作業を依頼しなければならない分、
作業の費用は高めになりがちです。

業者の選別が面倒

近頃、代行サービスが普及しつつあるため、
悪質な業者も出てきているようです。

見積してもらった時の確認はもちろんのこと

「この作業は別料金です。」

などと言われた時は

後から高額請求をされないように、
かならず費用の確認をしておきましょう。

まとめ:汚部屋も楽に掃除してもらおう

汚部屋でも諦めることなかれ。

掃除代行サービスを断られるかどうかは、
日常の家事』と言えるかどうかです。

でも掃除代行サービスの業者も鬼じゃありません。
相談すれば対応してくれますので、
まずは無料相談で話を聞いてみてはいかがでしょうか。

家事代行に掃除を依頼したい方は、
家事代行サービス徹底比較!料金と内容まとめの記事も確認してみてください。

家事代行サービスの料金を

コメント

タイトルとURLをコピーしました